はじめての探偵ガイド

はじめての探偵ガイド(調査項目別)

はじめての探偵ー浮気調査

浮気調査


浮気調査とは、配偶者が浮気をしているかどうかの事実確認や浮気をしている場合の証拠収集、浮気相手の特定などを目的とした調査です。浮気問題は、離婚原因の中でも一番多い事由ですが、配偶者が浮気の事実を認めなかったり嘘をついたりすることで浮気をされたにも関わらず自分が不利になるような結果になってしまうことが多々あります。配偶者に浮気の疑いがあるときは必ず、真実を確認すると同時に証拠を収集することが重要です。

 

浮気調査依頼事例


  • 夫の深夜帰宅や、休日出勤が急に増え始めたので浮気を疑っている。本人は仕事だと言っているが本当のことが知りたい
  • 妻が浮気をしていると友人から聞いたため事実を確かめようと本人に問い詰めたが、浮気はしていないと言い張るため真実を確認したい
  • 夫の携帯を見たら見知らぬ女性と浮気をしているだろう履歴を発見したため、浮気の事実と相手女性が誰なのかを知りたい
  • 夫の浮気癖が治らず、離婚を決意したが夫と話し合う前に浮気の証拠を集めたい。優位に離婚ができるよう準備したい

 

浮気調査の料金費用 


浮気調査には、事実を知りたい、証拠が欲しい、相手が誰かを知りたいなど目的がさまざまです。依頼人の調査目的によって調査の期間や時間帯、情報収集方法などが決まるため事案によって料金も異なります。

料金例

  • 浮気調査3日間(浮気の事実確認)15万円~30万円程度
  • 浮気調査7日間(浮気の証拠収集)50万円~100万円程度
  • 浮気相手の特定、身元調査 15万円程度

 

浮気調査の依頼方法


探偵事務所・興信所に浮気調査の依頼をするときは、相手の情報(写真・スケジュール・浮気相手の情報等)を出来るだけ準備することが大切です。あまり自分で詮索をしたり無理な情報収集をしてしまうと相手に怪しまれるため、いつも通りの態度でそれとなく聞き出すのが賢明です。情報が集まったら探偵事務所に行き調査のスケジュールを打ち合わせましょう。その際、浮気調査を依頼する目的や必要な情報は何であるかを明確にしておくとスムーズな調査が可能になり、費用も出来るだけ抑えることが可能です。浮気調査中は感情的になり相手(調査対象者)につい調査をしていることを話してしまう方もいますので、調査中は我慢して結果収集が終わってから話し合いをすることをお勧めします。

はじめての探偵ー信用調査

信用調査


信用調査とは、取引相手や金銭貸借相手、結婚相手など契約ごとの前に相手の信用度を確かめるための調査です。本来であれば取引の事前に行う調査ですが、実際は事後に調査をする事案も少なくありません。問題解決のために相手の情報収集を行う意味で信用調査を利用するケースもあります。

 

信用調査依頼事例


  • 婚約者の素性や家族の情報、経済的情報など事前に知っておきたい
  • 知人から共同経営の誘いを受けているが、相手の信用度を確かめておきたい
  • 取引先の会社が支払いを滞っているため状況や経営状況を知り解決したい
  • お金を貸した相手と連絡が取れなくなった為、家族や親族の情報と支払い能力について知りたい

 

信用調査の料金費用 


信用調査は、知りたい情報がどのような種類であるか情報の量はどの程度かによって料金費用が異なります。また目的に応じた情報を収集する難易度などによっても料金費用が変動するため事前に確認が必要です。

料金例

  • 結婚信用調査(相手の素性・素行・風評など)20万円~50万円程度
  • 結婚信用調査(相手の家族情報・経済情報など)30万~60万円程度
  • 法人信用調査(特定会社の信用度・代表者情報・経済情報など)50万円~80万円程度
  • 個人信用調査(特定個人の信用度・経済情報・素性身元情報など)20万円~50万円程度

 

信用調査の依頼方法


探偵事務所・興信所に信用調査の依頼をするときは、調査の目的を予め明確にしておき、必要な情報をどの程度まで収集したいかまとめておくことが大切です。結婚、お金の賃借、出資など相手が個人である場合は、基本となる情報(氏名や年齢、所在など)を準備しておくことで調査がスムーズになります。また会社信用、経済情報など相手が法人である場合は代表者や会社の所在などを準備しておきましょう。

はじめての探偵ー人探し

人探し


人探しとは、家出人・失踪人の居場所確認や旧友・知人探しなど相手の所在や連絡先などを確認するための調査です。人探しは、情報が古くなるにつれ難易度が上がるため、出来るだけ早い段階で依頼することが大切です。

 

人探し依頼事例


  • 夫が会社に行くと出かけたきり帰ってこなくなってしまった
  • 相続問題で兄弟に連絡を取ろうとしたが全く連絡が取れず今どこで何をしているのかもわからない
  • 昔お世話になった恩師とどうしても連絡を取りたいが個人情報
  • お金を貸した相手と連絡が取れなくなった為、家族や親族の情報と支払い能力について知りたい

 

人探しの料金費用 


人探しは、どのような状況で誰を探すかによって費用が異なります。また事前にお持ちの情報がどの程度あるかによっても難易度が変わるため料金費用が変動しますので状況を説明を行い料金費用について予め確認する必要があります。また家出人捜索のように早急な調査が必要な場合も事前の料金費用確認は必ず行っておきましょう。

料金例

  • 家出人捜索(配偶者・家族)15万円~50万円程度
  • 失踪人捜索(親類・同僚・友人・交際相手)15万~50万円程度
  • 人探し(旧友・恩師・初恋・知人)5万円~30万円程度
  • 人探し(債務者・取引相手・逃げている人物)20万円~60万円程度

 

人探しの依頼方法


探偵事務所・興信所に人探しの依頼をするときは、探している相手の基本情報(氏名・年齢等)の他に探す理由、相手の居場所がわからなくなった理由など些細なことでも良いので出来るだけ多くの情報を準備することが重要です。また情報が古い場合やあまり情報が無いといった場合は、成功報酬のような費用対効果の良い依頼方法を選択することも視野に入れる必要があります。

はじめての探偵ーいやがらせ被害対策

いやがらせ被害対策


いやがらせ被害対策とは、周囲による嫌がらせ問題やストーカー行為、盗聴盗撮問題などによる被害状況確認や証拠収集、相手の特定など問題を解決するために必要な情報を収集する調査です。いやがらせ被害は年々増加している傾向にあり、現在ではネット上でのいやがらせなど含めるとかなりの被害数になります。被害にお困りの方はできるだけ早期に専門家に相談することが必要です。

 

いやがらせ被害対策依頼事例


  • 近隣住人から自宅や車などに執拗にいやがらせをされているので証拠を取りたい
  • 通勤で毎日会う異性からつきまとわれている気がするため事実を確認したい
  • 自宅周辺で見知らぬ人物をよく見かけるため怖い。何をしているのか知りたい
  • 自宅の電話や会話が第三者に漏れているような気がするため確認したい

 

いやがらせ被害対策の料金費用 


いやがらせ被害対策は、被害状況を確認するために必要な調査手法や証拠収集の度合いによって費用が異なります。また盗聴器発見調査は部屋の広さや条件などによって料金費用が変動しますので事前に確認が必要です。情報収集後に法律専門家を準備する費用などは基本的に無料です。

料金例

  • 盗聴器・盗撮器発見調査(自宅・会社・車など)5万円~15万円程度
  • いやがらせ対策調査(状況確認・証拠収集・人物特定など)30万~60万円程度
  • ストーカー対策調査(状況確認・証拠収集・人物特定身元調査など)30万円~60万円程度
  • その他情報収集(ネット上のいやがらせ・リベンジポルノ・誹謗中傷など)20万円~50万円程度

 

いやがらせ被害対策の依頼方法


探偵事務所・興信所にいやがらせ被害対策調査を依頼するときは、被害状況や心当たりなどを詳しくお聞かせいただく必要があります。すでに被害にあっている場合は、警察への届けでも必要になりますが、警察からは何もできないと言われている状況である場合は、探偵へ相談し状況証拠の収集や相手の人物特定などを行う必要があるでしょう。また、被害はまだ起きていないが事前に対処したいという場合は、現在の状況確認という意味で依頼をすることをお勧めします。いやがらせ行為にお困りの方はひとりで悩まずにまずは専門家に相談することが大切です。

はじめての探偵ートラブル解決に必要な調査

トラブル解決に必要な調査


トラブル解決に必要な調査とは、トラブルが起きたことで被害が生じている場合に、①原因追求②現状把握③被害状況の証拠④解決策の選定を行う過程で、必要となる情報や証拠を収集するための調査です。トラブル被害にはさまざまな種類があり、解決方法もそれぞれ異なります。いずれも解決には「情報」「証拠」が不可欠であるため、必ず集収しておきましょう。自分では情報収集が難しい場合は探偵事務所に依頼することをお勧めします。

 

トラブル解決に必要な調査依頼事例


  • SNSサイトで知り合った異性に騙されお金を取られたが、相手について何も知らないため情報が必要
  • ある会社の説明会に参加しその後、出資という名目でお金を払ったがその会社が逃げてしまいお金を持ち逃げされた
  • 出会い系サイトで知り合った異性と交際したが、後から配偶者と名乗る人が出てきて慰謝料を請求されている
  • 不倫問題がこじれてしまい、お互い家族があるが相手に不倫関係をばらすと脅されている

 

トラブル解決に必要な調査の料金費用 


トラブル調査は、トラブル内容、原因、解決に必要な情報証拠の種類などによって調査の難易度が変わり、料金費用も変動します。解決に必要な情報は決定的な情報に絞り、費用対効果の高い調査プランを立てることでスムーズに結果を得ることが可能です。情報・証拠が揃えば法律専門家に解決を委ねることが出来るでしょう。

料金例

  • トラブル被害の状況証拠・現況調査(ネット被害・男女問題・お金の貸し借りなど)5万円~15万円程度
  • トラブル被害の相手に関する情報収集(出資・投資被害、ギャンブルサイト・出会い系サイトなど)15万円~30万円程度
  • その他トラブル解決に必要な特定情報(経済情報・所在情報・連絡先・人物についてなど)15万~30万円程度
  • その他情報収集(ネット上のいやがらせ・リベンジポルノ・誹謗中傷など)20万円~50万円程度

 

トラブル解決に必要な調査の依頼方法


探偵事務所・興信所にトラブル調査を依頼するときは、トラブル原因や被害状況、希望する解決について詳しくお聞かせいただく必要があります。トラブルを解決するために必要な情報や証拠類を収集するためには、解決策を見据えた調査プランを作成する必要があるため、十分に打ち合わせを行い慎重に調査を行うことが大切です。また、トラブル事案を弁護士など法律専門家に依頼する場合でも状況証拠や相手の素性などを準備しておくとスムーズに解決します。トラブルでお困りの方は問題を放置せずに早い段階で解決できるよう専門家に相談することが大切です。

調査士会から
探偵事務所・興信所調査士会では、
24時間いつでもどこからでもご相談が可能です。悩みごとはひとりで抱え込まずに経験豊富な相談員にお聞かせください。きっと良い解決方法が見つかるはずです。

  • 報告書閲覧
  • メールでのお問い合わせは希望の方はこちら
  • お問い合わせはあなたの街の探偵事務所興信所調査士会へ
  • はじめての探偵ガイド

探偵24H相談見積り探偵相談・見積りはすべて無料です

  • ※ 送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心下さい
お名前(偽名でも可)
お住まい地域
電話番号(固定または携帯)
メールアドレス(必須)

※ 携帯アドレスはPCからの受け取り可に
設定して下さい

お調べになりたい事柄
現時点の情報
その他質問・要望
希望予算
円くらい
pagetopへ
HOME > はじめての探偵ガイド
探偵事務所・興信所 全国無料相談

全国無料相談 0120-773-336

webからの相談はこちら