簡単見積もり

◆お名前(偽名でも可)
◆お住まい地域
◆ご連絡先(固定または携帯)
◆メールアドレス
◆お調べになりたい事柄
◆現時点の情報
◆その他質問・要望
◆希望予算

   

専門サイトリンク

  • 初めての調査依頼
    探偵依頼する前に必ずお読みください
  • 離婚相談
    離婚問題を解決する為の専門サイト
  • 浮気調査
    浮気相談専門サイト
  • 人探し・尋ね人
    人探しでお困りの方の為の専門サイト
  • 盗聴・ストーカー・いやがらせ
    嫌がらせ等の悩みを解決するサイト
  • 生活トラブル相談
    トラブル被害でお困りの方はこちらから
  • 探偵用語集
    探偵用語集はこちらから
 
トップページ > 探偵メモ >  盗聴器発見調査−盗聴器は誰にでも入手でき、違法ではない?!

盗聴器発見調査−盗聴器は誰にでも入手でき、違法ではない?!

ご相談はフリーダイヤル0120-72-7909

◆盗聴被害の深刻化
近年、盗聴被害が深刻化しています。
盗聴と言うと、企業や政治関係者が情報を盗むために行なうものだと思っている方が多いと思いますが、現代の盗聴は個人が個人を盗聴するケースが非常に増えています。オフィス内やロッカー室などに盗聴器が仕掛けられていることもたくさんありますが、その目的は企業の情報を盗むよりも、個人がその部屋で話される会話の内容を聞いて楽しむ、といったものが多いようです。

◆誰でも簡単に盗聴ができる現実
盗聴器は秋葉原のような電気街やインターネットでだれでも簡単に入手できてしまいます。盗聴器は非常に小型化されており、オフィスやロッカー室のような不特定多数の人が立ち入る場所はもちろん、個人の家やマンションの部屋などにも、一度でも入ることができれば設置できてしまいます。
また、部屋に入らずとも、プレゼントを郵送するという形で、家電製品やぬいぐるみ、観葉植物などに忍ばせたり、マンションやアパートでは、前の住人が仕掛けて行くということもあります。


       (電卓型盗聴器の一例)

このように様々な手段で盗聴器が入手でき、設置されてしまう現状に対して、一番問題になっていることが、今現在、盗聴を取り締まる法律がないという点です。盗聴器を設置するために建物に無断で入れば「住居侵入罪」、盗聴した内容を使って脅迫すれば「脅迫罪」などが適用されますが、ただ盗聴電波を傍受し聞いているだけでは、犯罪にはならないのです。
しかし盗聴は先に述べたように、「住居侵入罪」や「脅迫罪」に及ぶ可能性があるばかりか、そこからストーカーなどの犯罪にまでつながる恐れがあるので、早急に対策を取らなければなりません

◆盗聴をされているかもしれない場合は
もし、家電製品などが電源を入れていない状態のときにカチカチと鳴っていたり、電話に雑音が混ざったり、何故かあなたしか知らないことを知っている人がいる、といった場合は、盗聴されている可能性がありますので、専門家に相談する必要があるでしょう。
東京探偵調査士会では、盗聴器発見専門スタッフが盗聴問題のご相談をお受けしております。
ご相談、調査料金のお見積もりは無料です。盗聴器が発見された場合はその除去、その後の対策などについてもアドバイスさせていただきます。

※ ご相談の際には、盗聴されていると思われる場所からのお電話でのご相談はお避けください。
盗聴器発見調査を考えていることが、盗聴している者に知られてしまう可能性があるからです。
ご相談の際は、盗聴されていると思われる場所以外からのお電話か、メールにてご相談くださるようお願い致します。


探偵・興信所−東京探偵調査士会

探偵メモ興信所メモ調査士メモ探偵調査メモ探偵事務所メモ探偵社メモ
探偵用語集浮気調査メモ人探し・尋ね人メモ初めての調査依頼メモ

メール無料相談   ご相談はフリーダイヤル0120-773-336
初めての調査依頼は、必ず調査士会へご相談ください。

東京探偵調査士会は,探偵興信所へのご相談やご依頼をお考えのみなさまが、
安心して利用できるように明朗なシステム・料金体制で運営しております。
ご依頼者が納得のいく、良い調査結果を得るために 全面的にサポートしておりますので、
初めて探偵・興信所に調査依頼をお考えの方は、当会の調査サービスをご利用ください。


全国共通無料相談ダイヤル